皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思っていますね。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差は結構ありますし、歯科医院が費用を自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なるでしょう。インプラント治療は、まず何が大事かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。結構専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく沢山のインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療して貰うように努めてください。
それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行ない、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから安心して治療をうける事が出来ます。治療が終わっ立ところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用がつづくことを期待できます。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使いますね。
麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術をおこなうこともあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響をうけないほどに強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がない訳ですから、使えないのです。それに対して、インプラントと言うのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着指せ、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行なえるのが最大の特長であるといえます。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を捜すということも考えていきましょう。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修をうけていますね。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。