看護士を志望するワケは実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を目さすようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職のワケは今までに培ったスキルをいかしたいより誰かの役にたつ技術を身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。
今までの勤務先についての良くないことは口にしないほうがいいです。産業看護師とは、企業に勤務する看護師のことをいいます。
看護師と聴くと病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所に勤務する人もいます。仕事の中身、役割といったことははたらく会社によって異なりますが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは必ず行う仕事になるでしょう。
看護師の転職を上手にやってのけるには、未来の自分のことを考えて早い時期に行動することが必要です。
そして、何が大事であるかを思い定めておいた方がいいでしょう。
将来どんな風になりたいのかを明らかにして、今後の動向に合った転職先の情報を多少なりとも集めておいてちょーだい。年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も検討しておきましょう。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べてとっても特殊な上に、職場によっても違ってきます。一般に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、とっても3交代制の病院が多いですね。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護師の資格試験は、1年に1度受けられます。
ナースの数の不足が懸念されている現在の日本にとって嬉しいことに、このところの看護師試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、動かずにいます。
看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、決められたレベルの得点をあげれば合格できるシステムです。
看護師の職場といえば、病院だと思うのが妥当でしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の色々なサポートをするのも看護師の職務です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行ないます。
看護師の資格のために受ける国家試験は、年に1度あります。看護師が足りないことが問題視されている日本にとってはうれしいことに、ここ数年の看護師の国家試験合格率は90%前後と高水準をキープしています。看護師の国家試験は、大学入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインに達することができればパスすることができる試験です。看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が高い割合で離職していくワケの一部かも知れません。